口コミ体験談

ふとんリネットの口コミ体験談!失敗もあった羽毛布団クリーニング!

布団って、毎日寝ている間にかく汗がしみ込んでいてダニや汚れが気になるものの自宅で洗うのはかなり難しいですよね。

それに、お店へクリーニングに持って行くのも重いし大変!忙しくて時間的にもなかなか持っていけないですよね。

という訳で、「ふとんリネット」で羽毛布団の宅配クリーニングデビューしてきちゃいました。

ふとんリネットはカンタンに申込みできて、布団を預けるのも受け取るのも家まで来てくれたのですっごく楽でした。

布団も想像以上にキレイでふわっふわになったので大満足でしたよ^^

キレイな布団でスッキリ快適!ふとんリネット公式サイトはこちら>>

料金やクリーニングに出す流れ、戻ってきた布団の様子などリアルに口コミレビューしていきますね!

要点だけ知れればオッケイという方は以下のポイントだけ読んでくださいね。

この記事のポイント

・ふとんリネットでは専用バッグに入れて送るのがルール

・専用バッグに入れる時、圧縮袋は使っても使わなくてもオッケイ

・圧縮袋を使わない場合
→羽毛布団だと2枚程度まで入る
(敷布団だと1枚程度)

・圧縮袋を使う場合
→羽毛布団だと4~5枚程度入る
(敷布団の場合は2枚程度)

・圧縮の際、ハンディ掃除機は使えないので注意
→ハンディじゃない掃除機を使う

・圧縮されて届くのでクローゼットが広くなった

・圧縮された布団は6カ月そのままにしてオッケイ

・袋から取り出せば3~4時間でふわっふわになった

・想像以上のキレイさに感激!

ふとんリネットを実際に申し込んでみた


早速ふとんリネットを利用した口コミレビューを開始していきます!

発送キットが到着

WEB申し込みから3日後、発送キットが家に送られてきました。

通常、発送キットは2~4日ほどで届くようです。

開けてみます。

発送キットの中には、

・専用バッグ
・説明書
・結束バンド
・圧縮袋

が入っていました。

専用バッグに布団を詰める

ふとんリネットでは、専用バッグに詰めて送る、というのがルールになっています。

他の袋などで送ることはできません。というわけで、羽毛布団を詰めてみることに。

やり方は説明書に写真付きで載っているので基本的にはそれを見ながらやればオッケイです。

圧縮袋無しで詰めてみた


専用バッグに入る枚数を検証してみました!

ふとんリネットのルールでは、専用バッグに入れるとき、圧縮袋は使っても使わなくてもどちらでもオッケイ。

公式サイトには圧縮袋を使わない場合、羽毛布団が2枚くらい入ると記載があります。

試しに、圧縮袋を使わず羽毛布団2枚を入れてみます。

専用バッグの大きさは

幅70cm
奥行48cm
高さ37cm

布団を詰めたらチャックで閉じるようになっています。

まずは羽毛布団を1枚入れてみたところ

既に9割スペースが埋まりました・・汗

続けて2枚目を入れてみます。

めちゃくちゃはみ出てる・・・

体重をかけて押しこんでみます。

入りそうな雰囲気が出てきました。

ぎゅうっと布団を抑えつつ片側のチャックを締めて

もう片側もぎゅうぎゅう押さえながらチャック

正面もぎゅぎゅっと押し込んで閉じたら

2枚がちゃんと入りました。

圧縮袋を使わない場合、専用バッグに入るのは羽毛布団2枚でちょうどでした。(シングルサイズ)

圧縮袋を使用して詰めてみた


続いて、圧縮袋を使うと羽毛布団は何枚入るのか試してみました。

袋を広げて、

1枚ずつ詰めてみます。

大きいので1枚入れるのは、すっごく余裕。

羽毛布団1枚入れても半分スペースが残りました。

続いて羽毛布団2枚目を入れていきます。

2枚目も無理なく入りました。

羽毛布団2枚を入れてもややゆとりが残った感じがしました。

パッと見もう少し入りそうに見えますよね。けど、これ以上詰めたら専用バッグに入れ直す際にうまくいきませんでした・・。

なので、圧縮袋1枚に入れるのは羽毛布団なら2枚程度まで(敷布団なら1枚)にとどめておくのが確実です。(詳しくはこの後に記載しました)

先にネタバレしますが私はこのあと、さらに物を詰めて失敗しました・・。

実は今回、羽毛布団のほかにもベッドの敷パッドもクリーニングしてみたいなぁ~と気になっていたんですよね。

敷パッドって洗濯機で洗えるので、これまで家で何度も洗濯していたものの、汗の黄ばみが全然落ちなかったんです。

汗で黄ばみがガッツリついた敷パッド

なので、黄ばみがクリーニングでキレイになればいいな~という期待を込めて送ってみることに。

入りそうだったので先ほど羽毛布団を2枚入れた圧縮袋に敷パッド2枚も詰めてみることに。

結果、羽毛布団2枚に加えて敷パッド2枚もパンパンになりながら入れることができました。(結局このあとの流れで上手くいかず敷パッドは圧縮袋から取り出すことになります。)

掃除機で圧縮

詰め終わったら、掃除機で圧縮していきます。

というわけで吸い取り口のところへ掃除機の吸い取り口を持っていきスイッチオン!

・・・・・・・。

全く変化がありません。調べてみたところハンディタイプの掃除機では圧縮できないことが判明!

というわけで、急遽お隣さんに掃除機をお借りすることに・・。

気を取り直して再び挑戦です。

途中抑えたりしつつ、ぐんぐん縮んでいきます。

無事にできました~。

困ったこと発生

ところがここで困ったことが・・・。

圧縮袋を専用バックに入れようとしたのですが、どう見ても専用バックの大きさが小さいんです。

とりあえず詰めようとしてみたものの、入る気配なし(汗)

パンパンに詰め込み過ぎると専用バッグに入れるときに入りきらないことが判明。

無理やり詰めるのは、やめて羽毛布団2枚だけを入れて圧縮し直しました。

こんどはいい感じです。

専用バッグに入れるときに圧縮袋の口が開いて空気が入りやすいので、そこそこ縮んできたら半分に折って先に専用バッグの中へ入れてしまい、

専用バッグの中で再度圧縮していくと、途中で空気が入り込むこともなくやりやすかったです。

ちなみに羽毛布団2枚を入れたあとのスペースはこんな感じ。

専用バッグの高さ37cmのところまさに半分のスペース(18~19cm)が余りました。

余ったスペースに敷パッド2枚を詰めて

無事に詰められました~。

最後に結束バンドで専用バッグのチャックを止めれば完成です。

詰め込む途中でいくつかミスしましたが、

◆1つの圧縮袋に入れる枚数は
→羽毛布団なら2枚程度まで
→敷布団なら1枚程度まで

◆ハンディでない掃除機を使用する

◆ある程度まで吸ったら、先に専用バッグに入れてしまってから残りを圧縮しきる

といったポイントを押さえておけばバッチリです。

ヤマト運輸に集荷に来てもらう

専用バッグへ布団を詰める作業が完了したらあとはヤマト運輸に集荷に来てもらうだけ。

本当に来てくれるのかな~なんてドキドキしたんですけど、ちゃんと申し込みの際に指定した日時に家まで取りに来てもらえました。

ちなみに、専用バッグに詰めた布団を手で持ってみましたがめちゃくちゃ重い・・。

これ持って外に出て歩くなんて大変すぎて無理です。宅配でクリーニングできるってホント助かるなぁと改めて思いました。

全国どこでも【無料】で集配!ふとんリネットはこちら>>

リネットからクリーニングされた布団が返ってきた


ウキウキしながら待つこと約10日。

申し込み時に指定した日時にクリーニングされた羽毛布団が布団リネットから返ってきました。ドキドキです。

チャックの部分には他の人に開けられる心配が無いよう結束バンドがしっかりされていました。

早速開けてみると、キレイに圧縮された羽毛布団と敷パッドが入っていました。

ふとんリネットに出して羽毛布団はどう変化したか?

今回クリーニングに出した羽毛布団は2枚。

クリーニングに出す前の厚みは



・羽毛布団➀
→31cm


・羽毛布団➁
→36.5cm

でした。

クリーニングから帰ってきた布団はというと、圧縮されて返ってくるので袋から取り出してすぐは最初こそペタンコですが

3~4時間ベッドの上に放置していたらみるみる膨らんでいき、

羽毛布団➀
→32.5cm



羽毛布団➁
→38.5cm

クリーニング前と比べてみると


羽毛布団➀

クリーニング前 クリーニング後
31cm 32.5cm 1.5cmアップ

 

羽毛布団➁

クリーニング前 クリーニング後
36.5cm 38.5cm 2cmアップ

すっごくふわふわになりました!!

臭いも嗅いでみたところ、完全な『無臭』という感じで変なクサさなどもゼロでした。

見た目、肌触り、その場の空気といった、いろんな要素から洗い立てのバスタオルのような清潔感を感じました。

その夜、洗い立ての羽毛布団で眠ってみて軽さにビックリ!

布団クリーニングした人に「布団が軽くなるよ」と聞いてはいたもののホントに軽くなった感じで不思議な気持ちになりました。

清潔感ある布団で眠るのは最高に心地良かったです^^

また、黄ばみが気になっていた敷パッドの方はというと、

完全には消えませんでしたが、想像以上に黄ばみが薄くなってスッキリしました!!

キレイな布団でスッキリ快適!ふとんリネット公式サイトはこちら>>

クローゼットもスッキリ!

ふとんリネットでは、羽毛布団が圧縮された状態で戻ってきます。

なので、戻ってきたらそのまましまえば、クローゼットもめちゃくちゃ広々!

圧縮袋は6か月間そのまま入れておいてオッケイなのでスッキリ使えるのも嬉しいですよね^^

ふとんリネットで今回かかった料金


今回布団リネットで羽毛布団2枚と敷パッド2枚をクリーニングに出し、合計は17,780円(税抜)でした!

■今回の料金の内訳
羽毛布団2枚→11,800円
敷パッド2枚→5,980円

ちなみに羽毛布団だけなら、

羽毛布団の枚数 料金
1枚   8,800円
2枚 11,800円(1枚あたり5,900円)
3枚 12,800円(1枚あたり4,267円)
4枚 14,800円(1枚あたり3,700円)

でできますよ^^

ふとんリネットは他の会社と比べても相場よりもリーズナブルにできるので安く済ませたい方にもおすすめです。

ふとんリネットのWEB申し込み方法


ふとんリネットはWEBの公式サイトから簡単に申し込みできます。

申し込み画面に飛んだら各項目を選んでいきます。

ちょっと迷うところなんですけど、基本的には以下のような感じで選んでおけばオッケイです。

専用バッグの数


ふとんリネットでは布団を送るときに詰める専用バッグの数が増えるごとに料金が増します。

できるだけ専用バッグの数が少なくなるように詰めると安く済みます。

専用バッグ1個に入る布団の量の目安は以下の通り。

羽毛布団なら4枚(圧縮袋を2枚使った場合)
敷布団なら2枚(圧縮袋2枚使った場合)

布団の種類によって入る枚数は変わってくる可能性もありますが、だいたい上記の枚数を目安に専用バッグの数を決めるといいですよ。

圧縮を頑張れば上記の枚数にプラスして薄いものなら1~2枚入るかもしれませんが圧縮しすぎると羽毛が潰れてしまう可能性もあるので布団を大切にしたいならあまり潰しすぎない方がいいです。

送りたい布団の数が多いけど、専用バッグ1個に送りたい布団が全て入るかわからなくて迷う場合は、とりあえず専用バッグの数を多めに申し込んでおくといいですよ。

使わなくて済んだ専用バッグは布団と一緒に送ってしまえば、使った専用バッグ分の料金しかかかりません。

今回わたしは羽毛布団2枚を出したかったので専用バックは1個として申し込みました。

防ダニ加工の有無はどっちを選べばいい?


次に、防ダニ加工の有り無しを選ぶ欄がでてきます。

防ダニ加工はシーズンごとに使い分ける掛け布団なら約1年。毎日使う敷布団だと約半年持つそう。

いいな~とは思ったのですが1枚あたり1,000円かかってしまうので今回はパス。私は「無し」を選択しました。

アレルギーなどが特に気になる場合を除いては、なくてもいいのかなと思います。

出す枚数の入力について


次にクリーニングに出す予定の枚数を入力していきます。

ここで書くのはあくまで予定枚数なので実際送るときに内容が変わってしまっても大丈夫です。とりあえずの枚数を記入しておきましょう。

あとは、
・メールアドレス
・パスワード(会員登録用)
・名前
・電話番号
・住所
・集荷に来てもらいたい日
・仕上がった布団を届けてもらいたい日
・支払い方法

を入力すればオッケイです。とっても簡単でしたよ。

集荷の日時について

集荷に来てもらえる日は8日後以降、仕上がった布団をもらえる日は18日後以降の日程が選べるようになっていました。

時間帯も指定出来て、

・8時~12時
・14時~16時
・16時~18時
・18時~21時

の中から選べるようになっていましたよ。

支払方法について

支払方法は

・クレジットカード
・代金引換(手数料324円)

から選べます。

実際に布団リネットを利用してみて

今回ふとんリネットでクリーニングをしてみて、すっごく手軽で便利だなと感じました。

ネットで注文したら、その後は家に来てくれるのを待つだけで自分で宅配業者に電話したり伝票を書いたりしなくて済むのですっごく簡単でした。

また、家まで届けてもらった丸洗い後の布団が想像上にキレイになっていて、布団をバッサバサ動かしてもゴホゴホ咳こむ感じが全くなかったのに感動!

ふわふわに仕上がったので大満足でした^^

これは1年に1回やり続けたい!人にも勧めたい!!と思えるものでしたよ。

布団クリーニング後の布団で眠るのはホント気持ちよくて、何よりダニとかがいないんだろうなっていう安心感が違います。不安がなくなりました。

ホントやってよかったですよ。

ふとんリネットは、

こんな人向け

・布団のダニや汚れが気になる
・ずっと布団を洗っていない
・布団を洗いたい
・アレルギーが心配
・布団をふわふわにしたい
・クローゼットを広くしたい
・安いところを選びたい
・簡単なところを選びたい

そんな方にすっごくいいなって思いました。

ぜひ以下の公式サイトをクリックしてチェックしてみてくださいね^^
キレイな布団でスッキリ快適!ふとんリネット公式サイトはこちら>>

布団クリーニング業者おすすめランキング


宅配布団クリーニング業者のおすすめをランキング形式で紹介しています。

【2019年最新版】おすすめランキングはこちら>>