頻度

布団クリーニングってどのくらいの頻度ですればいいの?最適な時期やタイミングは?

布団の中にはダニがうじゃうじゃ・・何年も洗っていない布団には数万匹以上ものダニがいるっていいますよね。

でも布団って洗いたくても自分では洗えない。洗った方がいいのはわかってるけどついつい後回しにしてしまう。。

私もそれまで布団クリーニングが気になってはいたものの、できていなかったんです。

でも先日布団の入れ替えをしていたらくしゃみと咳が止まらなくなって、まさかの咳喘息を発症!!身体は強い方で風邪も全然引かないんですけどね。

ついに、羽毛布団のクリーニングを決意しました><

というかもっと早くやっておけばよかったなって思います!

そこで今回は、
羽毛布団のクリーニングはどのくらいの頻度ですればいいの?

ということをテーマにお話していきますね。

理想の頻度に関する各クリーニング会社の見解


理想のクリーニング頻度に関する見解は各布団クリーニング業者ごとに違います。

私は『ふとんリネット』で羽毛布団をクリーニングに出してきました。

その際に「羽毛布団はどのくらいの頻度でクリーニングしたらいいのか?」を聞いてみたんですけど、

ふとんリネットの回答としては「最低でも1年に1回、布団を使う前か後にクリーニングに出すのがおすすめ」とのことでした。

他の布団クリーニングの見解も調べてみたところ、

『フレスコ』は半年に1回を推奨。

『リナビス』は1年に1回を推奨。

『カジタク』は3~5年に1回程度。

『洗濯倉庫』は1年に1~2回を推奨していました。

業者ごとにバラつきがありますよね。

理想の羽毛布団クリーニング頻度に対する見解
ふとんリネット 年に1回程度
リナビス 年に1回程度
フレスコ 半年に1回程度
洗濯倉庫 年に1~2回程度
カジタク 3~5年に1回程度

各社ごとに見解は違いますが、汚れは日々蓄積するものなので、個人的な見解としては、やはり理想は1年に1回じゃないかなと感じます。

厚生労働省も頻度に関する通達を出している

実は、厚生労働省も『快適で健康的な住宅に関するガイドライン』 (厚生省生活衛生局快適居住環境研究会監修/ぎょうせい/1999 年発行)の中で寝具は年に1回の頻度で丸洗いすることが望ましいとしています。

布団の丸洗いって健康を考える上でも想像以上に大切と言えそうですよね。

定期的に布団を洗ったほうが良い理由


冒頭でも触れましたが人は寝ている間にコップ一杯もの汗をかきます。

そうして湿気が増した環境はダニが大好きな環境。ダニは布団に付いた皮脂やアカをエサにして増殖してしまうんです。

1年に1度の頻度など定期的に布団クリーニングをしたり、布団カバーを変えたりしないとダニまみれの布団で眠ることになるんです・・。

また、特に気を付けたいのは秋。

ダニは高温多湿の夏に一気に増殖します。そして涼しくなってくる秋には死んでしまうのですが、この死骸がすごくやっかい。

ダニの死骸ってすごく小さいので空気中に舞って身体の中に入り込みやすく鼻炎や喘息、かゆみなど様々なアレルギー症状を引き起こす原因とされているんです。

そのため、

・冬に使って汗が染みこんだ布団をそのまましまわず夏前に出す

もしくは

・秋に使用する前にクリーニングに出しておく

このような形で布団を1年に1度の頻度でクリーニングに出し清潔にすることは、身体のためにもすっごく重要なんです。

私も布団クリーニングを先延ばしにしてきましたけど、咳で仕事や家事の効率が下がったり医者に行く時間、診察代、薬代、色々なロスがあったので

そうなる前にちゃんと布団クリーニングして予防した方が絶対いいなって思いました。

咳喘息になったって言ったら、周りの人からも『あ、家汚いんだな』って思われそうですしね・・><

布団クリーニングのデメリットは?

もちろんデメリットもあります。

布団クリーニングで羽毛布団をクリーニングした場合、多少生地の色落ちやこすれなどが生じる場合があります。

私が実際に使ってみた感じだと全然気になるものでは無かったですが、少しでも色落ちしたらイヤだ、という場合はちょっと難しいかもしれません。

みんなは羽毛布団をどのタイミングで出している?


では、羽毛布団を出すタイミングはいつがベストなのでしょうか?

これも聞いてみたところ、タイミングはシーズン終わりか使う直前のいずれかがおすすめだそうですが

1番人気はシーズン後、布団を使い終わったタイミング。秋冬に毎日使った布団は汗や皮脂、汚れがたっぷり付いているので

これをそのままにせず、4~7月のシーズン終わりのタイミングでしっかりクリーニングに出してダニが増殖するのを防ぐという方が1番多いんだそうです。みんなちゃんとしてるんですね。

特に子供がいるママさんはしっかりクリーニングしている人が多いんだとか。子供の健康はすっごく大事ですからね。

定期的なクリーニングにおすすめなのはふとんリネット


年に1度の頻度で定期的なクリーニングをするのに、私も今回利用したふとんリネットはすっごく良かったですよ。

何が良かったかって、リネットは他の業者ではほとんどやっていない圧縮した状態で布団を送り返してくれるんです。

なので返ってきた羽毛布団をしまうのがすっごく楽でクローゼットがめちゃくちゃ広くなるんです。

この圧縮袋は6か月間そのままにしておいてオッケイなのでシーズン終わりのタイミングでクリーニングに出して受け取ったら次のシーズンまで圧縮袋に入れたままキレイな状態で家にしまっておけます。

また、ふとんは圧縮袋から取り出したあとは面倒な作業無しでそのまま放置しておけば数時間でふんわりふわふわになりましたよ。

クリーニング後の布団はこんな風にバッサバサしても咳やくしゃみが全く出なくて、『すごい!!』とテンション上がりまくりでした。

アレルギーが気になる方は防ダニ加工付きのクリーニング業者でしっかり防ダニ加工までしてもらってからクローゼットにしまえばより安心かなと思います。

ちなみにふとんリネットでは1枚1,000円で防ダニ加工をしてくれます。

防ダニ加工はシーズンごとに使う羽毛布団なら約1年持つそうなので、そういったものを付けておくのもいいかもしれませんね。(私は防ダニ加工無しでも問題なく満足でした^^)

保管付きならカジタク

また、布団はクリーニング後に保管してもらいたい!ということであればイオンのカジタクが良いですよ。

実際の仕上がりも良いので安心感がありますよ。

イオンのカジタクは名前の通りイオングループがやっています。

料金も他と比べてリーズナブルなうえ、湿度・温度が管理された専用の保管庫でしっかり保管してもらえるので布団がキレイな状態を保てます。

保管は最大で9カ月してもらえます。

大手ならではの信頼感があるので安心して布団を預けられる会社です。

年に1度の頻度で羽毛布団をクリーニングして心も身体も健康・快適に。

アレルギー対策にぜひ検討してみてください。

布団クリーニング業者おすすめランキング


宅配布団クリーニング業者のおすすめをランキング形式で紹介しています。

【2019年最新版】おすすめランキングはこちら>>